文章は量より質!ターゲットによって使い分けが重要!

ネットショップ経験のあるライターが、
ビジネス成功のためのマーケティング戦術を教えます!

<現役女性ライターだけが知っているビジネス成功戦略術> -第2号-

———————————————————————-
・文章は量より質! ターゲットによって書き分けが重要!
———————————————————————-
このメールは以前、記事作成代行ドットコムへお問い合せいただいた方、
または記事作成を依頼された方へお送りしています。
今後、このメルマガが不要な方は文末をご覧下さい。

こんにちは! ライターの仲上(なかがみ)です。
メルマガ第2回目の今回は、

『文章は量より質! ターゲットによって書き分けが重要!』

をテーマに取り上げていきます。

わたしが仕事で、記事執筆の依頼を受ける場合、
できるだけ要望を具体的に説明してもらうようにしています。

サイト上で扱う記事なら、サイトのどの部分に使うのか、
何を目的として掲載するのか、読ませたいターゲットの
性別、年齢層や趣向など・・・ですね。

これらの情報は多ければ多いほど良いのです。

たとえば商品説明の文章を書く場合、これらの情報があるかないかで、
記事の書き方は大きく異なってきます。
それによって、結果的にサイトアクセス数や商品の売り上げにも
強く影響してくるのです。

例をあげるとすれば、女子高生向けの商材ならば、
若い女性の間で流行っている言葉や言い回しを
文中にさりげなく使う・・・といった感じでしょうか。

誰が読んでもわかる文章も良いですが、その商材を求める
人たちだからこそわかる『ツボ』となるような言葉を文章中に使うことで、
ユーザーの気持ちを上手につかむわけです。

年齢が近く、趣味が合いそうな店員さんが販売する若い女性向け衣料品と、
年齢も離れていて、話がまったくあわなそうな異性の店員さんが
販売する若い女性向け衣料品があったとしたら・・・
やはり前者を選ぶのが普通ですよね。

ネット販売では、そこまで店側の雰囲気が
伝わらないと考えている人も多いかもしれません。

ですが、サイトデザインや文章の書き方で
ユーザーはサイト管理者側の『ニオイ』を感じ取っているわけです。
ネット慣れしている人ほど、そういったものには敏感なはずです。

そのため、自分でサイトの文章を書く場合も、
ライターなどに記事の執筆を依頼する場合も、
できるだけターゲットの情報を、多く調べて用意しておくことが重要です。

SEOを意識した、たくさんの記事を用意したとしても、
ターゲットを意識していなければ、一時的な対策にしかならないのです。
重要なのは『量』ではなく『質』というわけですね。

もちろん量もあれば更に良いですが、
ユーザーの動きを確認しながら、質の良い記事を少しずつ
増やしていくほうがいいでしょう。
若い女性向けのサイトとしてオープンしたものの、
意外にも男性ユーザーが多かった・・・というようなこともあります。

継続的に長く、アクセス数や売り上げをのばしていくことが、
ネットビジネス成功のためには欠かせないといえます。

焦って一気に大量の記事を用意したとしても、
自分の管理の行き届かないページが出てきてしまうことは
あまり望ましいことではありません。

まずはじっくりとサイトの基礎を作り上げ、
『サイト自体の質』をあげるようにしていくことが大切ですよ!

次回も皆さんのビジネスに役立つ内容を取り上げてまいります。
どうぞお楽しみに!

コメントを残す