いまや常識?おまけ付き商品の売上効果は?

ネットショップ経験のあるライターが、
ビジネス成功のためのマーケティング戦術を教えます!

<現役女性ライターだけが知っているビジネス成功戦略術> -第4号-

———————————————————————-
・いまや常識? おまけ付き商品の売上効果は?
———————————————————————-
このメールは以前、記事作成代行ドットコムへお問い合せいただいた方、
または記事作成を依頼された方へお送りしています。
今後、このメルマガが不要な方は文末をご覧下さい。

こんにちは! ライターの仲上(なかがみ)です。
メルマガ第4回目の今回は、

『いまや常識? おまけ付き商品の売上効果は?』

をテーマに取り上げていきます。

近頃では女性誌に、とてもおまけとは思えないような、
とてつもなく分厚いポーチやバッグが付けられて
販売されていることも珍しくはないものです。

そのおまけが付いているといないとでは、売上が大きく変わってくる
とも言われていますから、絶対に無視できない販売戦略ともいえますよね。

その効果が非常に大きいとわかっているからこそ、
数々の商品の販売にも、同じような戦略が取り入れられてきています。

当然、ネット販売される商材であってもこれらは利用できる戦略ですから、
いろいろな場面でおまけ付き商品のサイト広告を見かけるものです。

ただ、この戦略において気をつけなければいけないのは、

「一度おまけをつけてしまったら、その後は商材を売り続ける限り、
必ずおまけをつけなければいけない」

ということです。

たとえばAという商材があったとしましょう。
売り上げはそこそこだけれど、もうちょっと増やしたい・・・
という場合に、Aにおまけをつけて販売するとします。

あくまで『おまけ』ですし、従来からある商材ですから、
その分を値上げするわけにはいきませんので、価格は据え置きです。

これなら従来からの利用者に加え、新規顧客の獲得が見込めるでしょう。

『おまけ』という言葉に、ついつい魅力を感じてしまう人も多いものです。
特に女性は『限定』や『おまけ』といったものに弱いですので、
口コミで評判が広がれば、一気に大幅な売り上げアップも見込めます。

しかし価格が据え置きな時点で、利益率としては下がってしまいます。
価格を上げてしまえば、従来からの顧客が離れてしまいますから、
商材Aをリニューアルしたり、他のものとセット販売にしたりして
違和感がないように価格変更&おまけ戦略を取り入れるのがポイントです。

ただ最近では、この『おまけつき販売』が増えてきているため
ユーザーの目は肥え、おまけの内容を吟味して
商品を選ぶ人が増えています。
もしおまけの質が下がれば、購買意欲は減退してしまうことでしょう。

そうなってくると、
おまけよりも商材自体の価格の安さを重要視する人が増えてきます。
価格競争がはじまれば、結局利益は下がってしまいますから、
販売側としてはどちらもあまり良い方法ではなくなってしまうわけです。

そのため、『おまけつき販売』の儲かる時代は、
すでに終わったと考えて良いでしょう。
今すでにこの戦略で販売を行っているところならば良いですが、
これから新規で取り入れるべき戦略としては、相応しくありません。

ネットビジネス=儲かると考えられていた時代もあったわけですが、
ネットショップがあることが当然と思われるようになってくれば、
サイト管理などにお金がかかり、
むしろ利益があまり見込めていないショップも多いのです。

ネットビジネスを成功させるためには、
目新しさやインパクト、面白さが重要といえます。
二番煎じではなく、自らが新しい企画を考え、
サイトに反映させていくことが大切になってくるのです。

今後は、同業者が誰もやっていないような、
新たな販売方法を考えてみるといいでしょう。
そうすればライバル業者に負けない、
確実な売り上げアップを見込めるサイトが出来てくるはずですよ!

次回も皆さんのビジネスに役立つ内容を取り上げてまいります。
どうぞお楽しみに!

コメントを残す