ごちゃごちゃしたトップページ、そろそろ卒業しませんか?(中編)

ネットショップ経験のあるライターが、
ビジネス成功のためのマーケティング戦術を教えます!

<現役女性ライターだけが知っているビジネス成功戦略術> -第9号-

このメールは以前、記事作成代行ドットコムへお問い合せいただいた方、
または記事作成を依頼された方へお送りしています。
今後、このメルマガが不要な方は文末をご覧下さい。

———————————————————————-
・ごちゃごちゃしたトップページ、そろそろ卒業しませんか?(中編)
———————————————————————-

こんにちは! ライターの仲上(なかがみ)です。
メルマガ第9回目の今回は、前回に引き続き、

『ごちゃごちゃしたトップページ、そろそろ卒業しませんか?(中編)』

をテーマに取り上げていきます。

そもそも、トップページがなぜごちゃごちゃしてしまうのかというと、
『拡張に制限がない』ことが理由のひとつでもあります。

たとえば新聞や雑誌は、1ページあたりのサイズは変わらず固定です。
ページ数は増やせますが、その分お金がかかるため、
限られたスペースで記事をおさめてレイアウトします。

しかしサイトの場合、使える容量の制限はあっても、
その制限まではかなり余裕があるはずです。
さらに1ページのサイズはほぼ無限大に広げることが可能。
結果的に良さそうなツールなどを詰め込みすぎて、激重、激長の
サイトが出来上がってしまうというわけです。

そのため、まずサイト全体のメインコンセプトを決めることが重要です。
スッキリ系、ゴチャゴチャ系、かわいい系、カッコイイ系など、
企業のイメージと好みに合わせて決めましょう。

そしてそのコンセプトは、基本的にずうっと変えないようにすることです。
たとえばページを少しリニューアルする際に、コンセプトも変わってしまうと、
イメージがガラリと変わってしまい、以前から訪れていたユーザーが困惑してしまいます。

企業イメージを一新させたい場合などはそれも良いですが、
トップデザインは企業のイメージが伝わりやすいため、
『お店の外観』のような役割を持っていると考えることが可能です。
見た目がラーメン屋なのに、中身がペットショップだったら・・・当然困りますよね。
名前はもちろんのこと、視覚的に企業イメージを印象づけるようにすることが大事です。

コンセプトが決まると、必要なトップページの機能などが
自然と判断できるようになってきます。
今ある機能から、不要そうなものを省いてみましょう。
欲しいと思ったらいつでも付け足せるので、ここは一気に『断捨離』で!
イメージカラーを決めて、それをベースにページデザインを行うのも効果的です。

またトップページを作る際に重要なのが一番上、
サイトを開いた際、一番最初に、画面に表示される部分になります。
要するに、ユーザーのサイトに対する『第一印象』がここで決まるわけで、
『看板』のようなものだと考えれば良いですね。
看板の出来は、ユーザーがサイトに留まるか離れるかを判断する
基準にもなるので、しっかりと力を入れて作りましょう。
ある程度ページの方向性が決まってきたら、ここだけプロに依頼するのもいいですね。

自分ではうまく判断できないという方は、他人に意見をもらうのもオススメです。
我々のようなweb制作にかかわる人間でも良いですし、
身近な家族に遠慮のない率直な感想をもらうのも良いですね。

さて、いかがでしたでしょうか?
サイトがだんだんスッキリしてきたことで、見た目もわかりやすくなり、
自分でも管理しやすくなってきたのではないでしょうか。

次回は3連続企画のラスト!
断捨離が済んだトップページの質を高め、完成度を高める方法をご紹介します。
どうぞお楽しみに!

コメントを残す