ごちゃごちゃしたトップページ、そろそろ卒業しませんか?(後編)

ネットショップ経験のあるライターが、
ビジネス成功のためのマーケティング戦術を教えます!

<現役女性ライターだけが知っているビジネス成功戦略術> -第10号-

このメールは以前、記事作成代行ドットコムへお問い合せいただいた方、
または記事作成を依頼された方へお送りしています。
今後、このメルマガが不要な方は文末をご覧下さい。

———————————————————————-
・ごちゃごちゃしたトップページ、そろそろ卒業しませんか?(後編)
———————————————————————-

こんにちは! ライターの仲上(なかがみ)です。
メルマガ第10回の今回は、3連続企画のラスト、

『ごちゃごちゃしたトップページ、そろそろ卒業しませんか?(後編)』

をテーマに取り上げていきます。

ちょっと期間が開いてしまったので、まず前編、中編のおさらいから。

1.機能を詰め込みすぎで、見にくくなっていないかをチェック
2.サイトコンセプトを決めて、不要機能の『断捨離』
3.一番上の看板部分を、気合を入れて制作

ここまで済んでいる段階ですね。

それではいよいよトップページ全体を作るところに入ります。
上の1~3を意識しながら、デザインを詰めましょう。

トップページは各サブページへの、誘導の役割を持っています。
また、サイト全体の印象が判断されるところでもあります。

雑誌で言うところの、表紙&目次をあわせたような、
「見た目の良さ&わかりやすさ」を重視しましょう。

まず一番上の看板で足りない分を、画像や文章を使って表現します。
ここが何のサイトなのかを、わかりやすく簡潔に。
最初の挨拶でいきなり長いとユーザーは去ってしまいます。

特にサービス系はビジネスの内容が伝わりにくいため、
必ずトップページに入れましょう。
サブページをじっくり読ませるのはその後です。あせらずに。

例)
1.ここは○○を扱うサイトです

2.○○とはどんなものなのか

3.○○を使うメリットは何か

4.○○を詳しく見てみましょう(サブページへ誘導)

この文章は簡単そうに見えて、非常に難しいです。
セールスレターの要素が多く含まれているので、
記事作成代行会社でも、通常価格は高めに設定されてます。

しかしそれだけ重要な部分ですので、
私どもライターをぜひ頼っていただければと思います。

ここで良い文章ができたとしても、ただのテキストとして
そのまま表示させたのでは意味がありません。

視覚的に見やすくさせるため、動線を意識して
画像を配置したり、枠で囲ったりしてみましょう。

ここも非常に難しいので、専用のソフトを使うか
できればプロに頼ったほうが良いです。

「結局プロに頼まなきゃダメなの!?」と思われるかもしれません。
もちろん、自分である程度ソフトも使いこなせて、
技術に自信のある方なら、自力でのトライもOK。

そのほうが安上がりですし、後々の手直しもラクです。

しかし、今回の3連続企画で得た知識や考え方を
うまく表現する術がない・・・ということなら、
それをプロに伝えて、自分が望むサイトを作ってもらいましょう。

要望が曖昧のまま依頼するよりは、仕上がり具合がグンと良くなりますよ。

トップページはサイトの中でも、それだけお金をかける価値がある部分といえます。
ぜひ力を入れて、質の良いものを作ってみてください。

ご相談や質問は何でもご連絡ください。
http://www.fanatic-web.net/mail/letter/?contact={sletter}

さて、いかがでしたでしょうか?
次回も皆さんのビジネスに役立つ内容を取り上げてまいります。
どうぞお楽しみに!