サイトで扱う文章のクオリティーって、どれくらい重要?

ネットショップ経験のあるライターが、
ビジネス成功のためのマーケティング戦術を教えます!

<現役女性ライターだけが知っているビジネス成功戦略術> -第15号-

このメールは以前、記事作成代行ドットコムへお問い合せいただいた方、
または記事作成を依頼された方へお送りしています。
今後、このメルマガが不要な方は文末をご覧下さい。

———————————————————————-
・サイトで扱う文章のクオリティーって、どれくらい重要?
———————————————————————-

こんにちは! ライターの仲上(なかがみ)です。
メルマガ第15号の今回は、

『サイトで扱う文章のクオリティーって、どれくらい重要?』

をテーマに取り上げていきます。

前回のメルマガで、最近はクオリティー重視の「受注生産型」記事の
需要が増えているとお伝えしました。

今回はその詳細についてご紹介しますので、
今後記事の発注をする際には参考にしてみてくださいね。

「受注生産型」の特徴としては、
1記事ごとにキーワードやテーマ、書き方などが異なることです。
普通の人が知らないような知識を必要とするテーマであれば、
その都度調べる必要がでてきます。

文章を書くより、調べる時間のほうが長く取られることも珍しくありません。
参考書籍にいくつも目を通し、1記事書くために数日間かかるようなことも。
当然こうなると単価も上がり、数千円~1万円以上かかることもあります。

ただ、

「そんな値段の高い記事、必要ないでしょ!!」

そう思う方も多いはず。

たしかにバックリンクに使う記事は1記事だいたい数百円ですから、
安い記事なら同じ価格で100記事くらい手に入ってしまうわけです。
1記事の質にそれだけこだわる必要はあるのか、悩んでしまいますよね。

皆さんもご存じのとおり、同じような内容やテーマを
扱ったサイトは、実際にはいくつも存在します。

要するに皆同じように、ネット上の情報を参考に文章を書いているので、
内容も扱っている情報もかぶってしまうわけです。

そうやって書かれた記事では新鮮さがありませんし、他のサイトと
区別化を図ることもできないので、結局は二番煎じ、三番煎じ・・・。
これではサイトを作る意味自体なくなってしまいます。

では、同じようなサイトと区別化を図るにはどうしたら良いか・・・
それは「他のサイトにはマネできない独自性」を持つことです。

文章でそれをやるのであれば、そのサイトでしか手に入らない
情報を提供すればいいわけです。

1記事ずつのクオリティーが重要なのはこのためです。

その内容が信頼できるものであればあるほど、ユーザーの支持が得られ、
検索エンジンでの上位表示が安定するようになるでしょう。

ただ、新鮮でおいしいネタは拡散しやすいですから、
すぐに同じような内容の文章が、他のサイトにも
使われてしまう可能性はあります。

しかしそれらは二番煎じ、三番煎じですから、
一番煎じとして常にクオリティーの高い情報を公開していけば、
自然とユーザーがついてきてくれるようになるでしょう。

さらに、執筆者独自の考え方や個性も盛り込まれていれば、
容易にマネされることもなくなります。

また、自分が何か専門的な分野に精通しているのであれば、
それに関する情報を公開していけばOK。

これなら記事作成会社に頼む必要がなく、安上がりです。
文章に自信がなければ、自分で書いたものを
業者に渡し、リライトしてもらうのもいいでしょう。

皆さんの持っているサイトは、ビジネスに関わる部分であり、
他人の目に常にさらされています。

そこで文章の質をケチってしまうと、見た目の印象がそのまま
ユーザーに伝わり、その評判が口コミとなって拡散してしまいます。
一度悪い印象を与えてしまうと、拭い去るのは容易ではないでしょう。
それなら最初から、こだわった記事で差をつけたほうが
有利になるというわけですね。

しかし、記事作成会社やライターの実力がわからなければ、
さすがに高価な記事は発注しづらいものです。
ですので、信頼できると納得したときだけでいいですので、
今後のためにもぜひ前向きに検討してみてください。

さて、いかがでしたでしょうか?
次回も皆さんのビジネスに役立つ内容を取り上げてまいります。
どうぞお楽しみに!