ちょっとした一言で大炎上!あなたのサイトは大丈夫?

ネットショップ経験のあるライターが、
ビジネス成功のためのマーケティング戦術を教えます!

<現役女性ライターだけが知っているビジネス成功戦略術> -第18号-

このメールは以前、記事作成代行ドットコムへお問い合せいただいた方、
または記事作成を依頼された方へお送りしています。
今後、このメルマガが不要な方は文末をご覧下さい。

———————————————————————-
・ちょっとした一言で大炎上!あなたのサイトは大丈夫?
———————————————————————-

こんにちは! ライターの仲上(なかがみ)です。
暑い日が続きますが、体調に気をつけて乗り切りましょう!

メルマガ第18号の今回は、

『ちょっとした一言で大炎上!あなたのサイトは大丈夫?』

をテーマに取り上げていきます。

たびたび報道機関で取り上げられ話題となるSNSやブログの大炎上問題。
一個人が対象となる場合もあれば、会社や企業が対象となる
可能性もあり、非常に厄介な問題でもありますね。

芸能人など影響力の大きい有名人が対象になりがちですが、
それは報道機関で取り上げられたときに影響力が大きいからであって、
決して他人事ではないということを覚えておきましょう。

では、なぜこのような炎上が起こってしまうのかというと、
情報発信者の行き過ぎた発言などが火種となるケースが多いと考えられます。

過激な発言や、一部には誹謗中傷ととられるような発言ともなれば、
大勢の人が閲覧するネット上で扱う文章としては不適切です。

それら発言に反応した人たちが何らかの書き込み、
もしくは別の掲示板サイトやSNS上に拡散させることで炎上が加速。
さらには報道機関も取り上げ、情報発信者をターゲットにした、
過去の不名誉な点を根掘り葉掘り調べられてしまうこともあります。

時間経過によりある程度収束がみられることもありますが、
一度起きれば大打撃を受けることは間違いありません。

ただ、ネット上の文章ならどこでも起こるかといえばそうではなく、
通常サイトで使われている文章などではまず起こらないのです。

ありえるのはSNSやブログなど、リアルタイムに情報を発信しやすく、
それをみたユーザーがコメントを残せるようなものに限られます。

その手軽さからプライベートな書き込みも多く、場合によっては
日々の私生活がストレスとなれば、不満を独り言のように
つぶやいてしまうこともあるわけですね。

このメルマガを読んでくださっている皆さんは、
ネットビジネスへの関心も高く、SEOにも詳しい方ばかりですので、
このようなトラブルは少ないはずです。

「自分は有名人じゃないから大丈夫」と考えていると、
その書き込みを見た取引先とトラブルになったりすれば
ビジネスそのものもうまくいかなくなる可能性もあります。

また、自分自身にそのようなミスはないとしても、
会社内の人間全てがそうとは限りません。

実際にここ最近、従業員が店内で撮影した不適切な写真を投稿したことで、
問題となる騒ぎがありましたね。

ただ、その後も同様の投稿が相次いでいます。

写真ではなくても、文章による書き込みで社内の誰かが自分のSNSなどで、
会社に関する何らかの書き込みをおこない、炎上する可能性だってあります。

発言者ひとりだけの問題で終わればまだしも、会社や企業が関われば
多くの人に迷惑をかけてしまうことは避けられません。

サイト管理や会社の運営に関わっていない人であれば、ネットを
情報伝達ツールとだけ考え、軽い気持ちで発言してしまうこともあるようです。

しっかりと全員が、ネット上での発言力の大きさを理解するように
あらためて教育を行うことも大切ですね。

今回の執筆するにあたり、ネット上で「炎上」について調べたところ、
Wikipediaにかなりのボリュームで専用のページが用意されていました。

興味のある方は合わせて参考にしてみてくださいね。

さて、いかがでしたでしょうか?
次回も皆さんのビジネスに役立つ内容を取り上げてまいります。
どうぞお楽しみに!