SEO効果にも期待!文字数が少ない記事を更新してみませんか?

『☆記事作成代行ドットコム・メルマガ☆ vol.5・6』から、ディレクション担当とメディア編集担当が執筆した記事をお届けします。

特集1:コンテンツ作成のテクニック

『SEO効果にも期待!文字数が少ない記事を更新してみませんか?』

たくさんのweb記事を見ていると、
古さを感じる記事に出会うことがあります。
日付が入っているわけでもないのに、なぜでしょう。

デザインや記事スタイルなどいくつかある原因の1つに、
文字数があります。

弊社に寄せられるご依頼を見ても、
数年前に比べ1記事あたりの文字数が確実に増えています。

数年前は1000文字のご依頼があると、
ちょっと多いなという印象でしたが、
今は多いと感じません。

直近のご依頼を見てみると1000~5000文字が主流で、
それ以上のご依頼もあります。

記事の文字数が増えると、
1つのテーマに対して深く掘り下げた記事を作成することができます。

結果、質の高い記事コンテンツとなり、
ユーザーのページ滞在時間が長くなり、
検索エンジンからの評価アップも期待できます。

もし、文字数が少なめのまま放置している記事がありましたら、
文字数を増やしてみませんか?

サイトの更新は、検索エンジンの評価にもつながります。

リライトで文字数を増やすのも良いでしょう。

文字数を多くした新規記事を投入するのも良いですね。

弊社では、弊社作成記事のみならず他社記事でもリライトを承っていますので、
お気軽にご相談ください。

特集2:サービス向上!お客様の声

『ライターを固定してクオリティの安定化を図る』

こんにちは!
ディレクションの湯田です。

早速ではございますが、
今回は、「クオリティのバラつき」問題について、
その原因とその対処法について、ご紹介できればと思います。

「前回と違うライターが今回担当しましたか?前とクオリティが違っていて」
「前回の文体と、今回の文体で雰囲気が変わった」
「今回も依頼したいけど、前回と同じライターで頼みたい」
このようなお客様の声を頂戴します。

なぜ、このようなことが起こるかいいますと、
「前回担当したライターさんが、今回は引受けできず、別のライターさんが担当することになった」ためです。

では、なぜ、前回担当したライターは引受けできなかったのでしょうか。
「現在、他の仕事を抱えていて、追加の依頼が受けられない」
「前回引受けで、求められているクオリティと単価に違和感があった」
「納期の関係で執筆完了できそうにない」
といった理由が見えてきます。

ここで、対処法としてご提案させていただきたいのは、
「単価1円プラスで、ライターを固定すること」です。

単価が1円プラスになることで、ライターの引受け率がアップする場合があります。

「必ず」と言い切ることはできませんが、
前回と同じライターによる執筆をご希望の際には、
ぜひ、一度ライター固定のための単価見直しについてご検討いただければと思います。

次回も、引き続き「バラつき」問題をどう対処するかについてご紹介いたします!

コメントを残す

お見積りやお問合せはこちら

記事作成はもちろん、サイト運営やSEOに関するご相談も承ります。

弊社には多くの女性ライターが在籍しております。お役に立てる分野があれば、柔軟に対応します。お気軽にお電話ください。

記事作成に関するご相談は何でも、お気軽にお電話ください。