読むのが楽しくなる文章の書き方

あなたには「文章を読むのが楽しくて、時間も忘れて熟読してしまった」というような経験はないでしょうか。もしそんな文章が書ければ、書き手としてはこれ以上ない幸せですよね。そこで今回は「読むのが楽しくなる文章」を書くコツをまとめてみましたので、ぜひ役立ててみてください。

続きが気になる展開で一度とめるテクニック

連続モノの小説などでは、先が気になる展開でその回の話は終わり、次回に続いたりすることがあります。これらは週刊誌や月刊誌、似たようなものでマンガ雑誌、テレビドラマなどでもよく見られる傾向です。これは「続きが気になる」という展開で終わらせることで次回への期待も高まり、本を購入するという気持ちにさせるのが狙いでもあります。

また、すでに単行本などになっている場合であっても、次の展開が気になることで一気に読み進めてしまうことがあります。本が楽しくて日ごろからよく読むという人に多いのが、そういった文章の魅力にひかれたケースといえるでしょう。

さらにたくさんの人が読んでいる作品だと、次回の発売日までにその後の展開をそれぞれが予想して話を膨らませて楽しむことができます。会話のネタ、インターネット交流のネタのひとつとしても重宝し、いろいろな人の考え方を知ることで作品がより楽しいものになっていくわけです。こういった行動を促すきっかけとして自身の書いた文章が重要な役割を持つとなれば、書き手もやりがいがあることでしょう。

ネット記事は拡散を狙おう

上記のような「続きが気になる展開でとめる」方法は、本などの紙モノでは購買意欲が増して有効ですが、ネット記事だと効果が薄いように感じてしまうはず。有料記事であればダイレクトにお金に影響しますが、基本的に閲覧が無料なネット記事はそれができません。

しかし本の発行部数が増えるのと同じ考え方をするのなら、ネット記事の閲覧回数を増やすことができれば成功といえます。SNSなどで記事の人気が広まれば支持するユーザーが増え、続きが気になるような作品を続けることも価値があります。結果的にアフィリエイトや関連商品の売り上げアップも見込めることでしょう。

読み手目線で楽しさを感じられる作品を

書き手が楽しいと思っている作品でも、読み手には楽しいとは思えない作品も数多くあります。そのため自分で書いた作品は必ず時間をおいて読み、加筆や修正を行って仕上げるといいでしょう。時間があくと新鮮な気持ちになって作品と向き合うことができるので、最初に書いていたときとはまた違ったアイディアが生まれやすくなります。

楽しくなる文章は、読み手の気持ちを明るくさせることができます。ぜひあなたもそんな文章が書けるひとりになれるように、たくさんの文章を書いてみてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 電車でぐるっとよくばり台湾

    2016-6-2

    ライター講座で、こんなこと聞かれます。 〜初出版までの道のりと、「書く」に関するエトセトラ〜 

    こんにちは、旅作家のとまこ と申します。以前に『ライターとしてこういう生き方もある』という記事を書か…
  2. 離婚してインド

    2016-2-4

    ライターとして、こういう生き方もある。

    旅作家・料理冒険家のとまこです。はじめまして。 文章・写真・イラスト・料理を使って、Photo…
  3. 2015-7-24

    リアル断捨離成功者の盲点!? 山盛りのパソコンデータを断捨離する方法

    最近は断捨離ブームの影響で、モノを持たないシンプルな暮らしする人も増えています。しかしその反動もあっ…

ピックアップ記事

  1. 電車でぐるっとよくばり台湾
    こんにちは、旅作家のとまこ と申します。以前に『ライターとしてこういう生き方もある』という記事を書か…
  2. 離婚してインド
    旅作家・料理冒険家のとまこです。はじめまして。 文章・写真・イラスト・料理を使って、Photo…
  3. 最近は断捨離ブームの影響で、モノを持たないシンプルな暮らしする人も増えています。しかしその反動もあっ…

話題をチェック!

  1. 電車でぐるっとよくばり台湾
    こんにちは、旅作家のとまこ と申します。以前に『ライターとしてこういう生き方もある』という記事を書か…
  2. 離婚してインド
    旅作家・料理冒険家のとまこです。はじめまして。 文章・写真・イラスト・料理を使って、Photo…
  3. 最近は断捨離ブームの影響で、モノを持たないシンプルな暮らしする人も増えています。しかしその反動もあっ…
  4. 筆者が「ウェブライターになろう!」と決めたのは、今から3年ほど前のことです。それまでも、記事作成で報…
  5. WEB上のあらゆる記事を読んでいて、文章はそこにあるはずなのに、頭に全然入ってこない……なんてことな…
ページ上部へ戻る