読者のもやもやをスッキリ解決! 読者の脳ブロックを回避するには○○の視点が欠かせない?

WEB上のあらゆる記事を読んでいて、文章はそこにあるはずなのに、頭に全然入ってこない……なんてことないでしょうか。

WEB記事だけでなく本でもそうなのですが、自分の好きなタイプの文章、自分にとって興味のあることが書いてある文章、難しくても勉強のために読んでみようという気持ちが沸く文章は頭の中にするっと入ってくるのに、そうじゃない文章は、本当にお見事というほど頭の中に入ってこないのです。

目だけは文章を追っているのですが、なぜか脳みそが情報を拒否し、ブロックしてしまう……せいだと思います。

そんな時、とりあえず読んだ気になって次のページを開いてみる、なんてことが筆者の場合よくあります。

ただ自分が読者として読む分には「そういうこともあるだろうね」なんて余裕で言っていられても、書く立場となった場合、お金をいただいている以上は、そんな風にスルーされる記事を書く訳にはいきません。

またWEBライターに記事作成を頼んでくるクライアントさまの場合、ネット上の読者は、ほぼ「不特定多数」であることが多い、というのも理由にあります。

特定のファンがすでにいるようなサイトの場合、特定のファンをつかんでいる「有名人」がすでにいて、ファンはもうその人の文章しか受け付けない状態になっていることも多いからです。

こんなサイトの場合、WEBライターがしゃしゃりでる幕はほぼなしです。

……そんな訳で、どんな人の頭にもするっと入ってくる、不特定多数の方に向けたわかりやすくおもしろい記事がWEBライティングでは必要になってきます。

そんな誰にでもわかるような記事にするために、筆者がどんなことをやっているか等をご紹介していきたいと思います。

「なんで?」「どういう意味?」に食らいつく

photo-1429095687696-3227bb0aa9a8

わかりやすい記事を書くには、まず自分が読者目線に立つことが必要になります。たとえば自分がインターネットを開いて、知らない人の記事を読む機会が一番多いシーンといえば、「自分の悩みを、どうやって解決すればいいんだろう?」なんてふと疑問がよぎった時ではないでしょうか。

こんな疑問が筆者の脳裏によぎった時に、インターネットで筆者がどんなキーワードで検索し、どんな記事を読むのかというと具体的にはこんな流れです。

「○○ 悩み 解決方法」で検索!

A「○○に悩んでいます。どうすれば解決できますか?」というQ&Aを読む
B「専門家が解説!○○の悩みの原因はこれ!」みたいな専門家の記事を読む
C「ABでよくわからなかったことが書いてある」記事を読む

このABCパターンの中で、一番よく読むのはやっぱり「C」です。Q&Aや専門家の記事は、○○という悩みそのものがどうして起こるのか、どうすれば解決できるのかを素早く知ることができ、また解決法も具体的で、さらにQ&Aではいろいろな人の解決法を複数パターン知ることができ、どちらも大変便利なのですが、なんとなくABだけでは物足りなくなってしまうのです。

そして「ABを読んでもやもやした部分」深掘りしていき、もやもやがなくなるまでたくさんの記事を読んで、スッキリするまでネットサーフィンする、というのが筆者のパターンです。

つまり不特定多数の人にWEB記事を読んでもらう時にも同じように、「この記事、私の思っているもやもやが書いてあるかも?」「あのもやもやは、そういう意味だったんだ!」と思わせられるような、そんな記事を書くのが大事ではないかと思っているのです。

そこで読者のもやもやを解決するために、筆者が記事内でやっているのが読者の疑問「なんで?」「どういう意味?」に食らいつくという方法です。

例えばQ&A記事では、答えが複数パターンのっていて、本当の正解がどれかわからなかったりすることがあります。

そんな傾向のあるテーマの記事を書く時には、読者の「なんで?」に応えるために「この悩みに正解がないのは、○○という変更があり、以前は正解だったものが不正解になっているからです」とか「悩みを大枠で考えていると答えが見つかりにくいため、この問題を考える時は、問題を小枠に分けて、個別に見ていく必要があります」等、読者の「なんで?」という気持ちにとことん食らいついて記事を書いていきます。

また、例えば専門家が解説するページは、正確な事実を知るという点では大変貴重な情報ソースなのですが、素人が読むと専門用語が多くてわかりにくいことがあります。

そんな風に読者が「どういう意味?」と思っていそうな単語があれば、そこをピックアップして「こういう悩みを持っている人がよくつまずく単語に『○○』があるのですが、それはこういう意味なんです」と説明してしまうのです。

知れば知るほどもやもやしてくることって、たくさんあるもの。

そこを読者目線に立ってもやもやをひとつずつスッキリ解決してあげると、わかりやすい記事づくりにつながっていきます。

日本語を翻訳する

picjumbo.com_HNCK4011

よく目は追うけれど、脳がブロックしてしまう記事、というものがあります。

こんな脳ブロック記事にありがちなのが、専門用語や横文字、カタカナ語が多くつかわれていて、その内容に不慣れな素人には何が書いてあるのやらさっぱり……なんていう記事です。

また脳ブロック記事には、その書かれている前後に何が起こっていたのか、その前後の出来事を知らないせいでついていけずに脳ブロックしてしまう記事もあります。

さらには、なぜそんな内容の記事が取り上げられているのか、それのどこが問題で話題になっているのか、世の中の流行やブームに乗り遅れてしまったせいでわからなくなり、脳ブロックしてしまう記事もあります。

こんな脳ブロックしやすい記事に気づいてあげ、わかりにくい専門用語や横文字、カタカナ語を「わかりやすい日本語」に翻訳して説明してあげるだけでも、「わかりやすい記事」を書くことができます。

さらには前後に何が起こったかまでは書かれていない記事なら、前後の流れや文脈まで説明してあげる。

世の中の流行やブームに乗り遅れてしまった人には、それを紹介してあげる。

そんな風にして書くと「わかりやすい記事」が作りやすくなります。

これができるのは、そもそも脳ブロックしやすい体質を筆者が持っているからかもしれません……。

無知の知ってこういうことを言うのでしょうね。(違う!?)

賛成派のAさん、反対派Bさんの意見を聞く

わかりやすい記事がわかりやすくあるためには、なんといっても「中立の立場」が必要です。

なぜなら記事に偏りがあると、どうしても「それを鵜呑みにしたらマズそう……」という不信感と先入観を読者に与えてしまうからです。

この不信感と先入観は読者に脳ブロックさせやすいため、なるべく中立の立場で、頭の中に記事の内容が入っていきやすいようにしなければなりません。

例えば世の中で話題となっている問題について書くなら、「それがなぜ問題にされているのか」とともに「賛成派のAさんの意見、反対派のBさんの意見」を紹介します。

これなら中立の立場なので、「なるほど、そういう問題で今盛り上がっているのだな」なんて、内容をすっと頭に入れてもらいやすく、わかってもらいやすくなります。

……こんな感じで、筆者はわかりやすい記事を書くようにしています。

また読者に「なるほど!」と言ってもらえるような記事を書くことは、筆者にとっても実りが多いことなので、この分野にはかなり力を入れているかもしれません。

これ以外にもいろいろ、わかりやすい記事を書くコツを、これからもどんどん開発していきたいと思っています。

まだまだ研究中の分野です。

わかりやすい記事についての新しい発見や、新しい書き方のコツを習得いたしましたら、「あれを書いてなかった!」と思い出すことがありましたら(?)、またご紹介いたしますね!

この記事を書いた人

青井 紬
青井 紬
空間デザイナーを目指していたものが、流れ流れてなぜかWEBライターというお仕事につくことに。人ありきのお仕事のため、「ご縁」を大切に、幅広いご依頼にも柔軟に対応しています。!こちらもご覧ください。

スポンサード広告

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 電車でぐるっとよくばり台湾

    2016-6-2

    ライター講座で、こんなこと聞かれます。 〜初出版までの道のりと、「書く」に関するエトセトラ〜 

    こんにちは、旅作家のとまこ と申します。以前に『ライターとしてこういう生き方もある』という記事を書か…
  2. 離婚してインド

    2016-2-4

    ライターとして、こういう生き方もある。

    旅作家・料理冒険家のとまこです。はじめまして。 文章・写真・イラスト・料理を使って、Photo…
  3. 2015-7-24

    リアル断捨離成功者の盲点!? 山盛りのパソコンデータを断捨離する方法

    最近は断捨離ブームの影響で、モノを持たないシンプルな暮らしする人も増えています。しかしその反動もあっ…

ピックアップ記事

  1. 電車でぐるっとよくばり台湾
    こんにちは、旅作家のとまこ と申します。以前に『ライターとしてこういう生き方もある』という記事を書か…
  2. 離婚してインド
    旅作家・料理冒険家のとまこです。はじめまして。 文章・写真・イラスト・料理を使って、Photo…
  3. 最近は断捨離ブームの影響で、モノを持たないシンプルな暮らしする人も増えています。しかしその反動もあっ…

話題をチェック!

  1. 電車でぐるっとよくばり台湾
    こんにちは、旅作家のとまこ と申します。以前に『ライターとしてこういう生き方もある』という記事を書か…
  2. 離婚してインド
    旅作家・料理冒険家のとまこです。はじめまして。 文章・写真・イラスト・料理を使って、Photo…
  3. 最近は断捨離ブームの影響で、モノを持たないシンプルな暮らしする人も増えています。しかしその反動もあっ…
  4. 筆者が「ウェブライターになろう!」と決めたのは、今から3年ほど前のことです。それまでも、記事作成で報…
  5. WEB上のあらゆる記事を読んでいて、文章はそこにあるはずなのに、頭に全然入ってこない……なんてことな…
ページ上部へ戻る