あの大ヒット曲に執筆のヒントが? 名曲に見る、記事作成に応用できる3つのポイント

ヘッドフォン

    私たちの身近にある音楽は、時に心の支えになり、励ましてくれる存在です。

    中でも大ヒットを記録した曲は、多くの人を惹きつける魅力がありますよね。

    その魅力がわかれば、ライティングにも応用できるのではないでしょうか。

    今回はJ-POPの中から3曲を選び、ヒットした要因とライティングへの応用について、分析してみました。

    1.老若男女が覚えやすいメロディー(ultra soul/B’z)

    音楽の場合、まずは「覚えやすいメロディー」でないと、多くの人に聴いてもらえません。

    年齢・性別を問わず、誰もがサビの部分を口ずさめるようなメロディーを持った曲は、長期間にわたって人々に愛され続けます。

    例えばB’zの「ultra soul」。世界水泳のテーマソングにもなっている曲です。

    サビの部分が大きなインパクトを与えるので、耳に残ります。

    音楽にとって「耳に残って忘れられないメロディー」というのは、とても重要な要素ですよね。

    そして、これを記事作成という視点で見てみると、メロディーは記事の「メインテーマ」に当たります。

    テーマに興味を持ってもらえなければ、その記事を多くの人に読んでもらうことはできません。

    いくら文章がうまくても、どんなに時間をかけて書いたとしても、メインテーマが定まっていなかったり、視点がブレていたりする記事は、読み手にスルーされてしまいます。

    記事を最初から最後まで読んでもらうためには、メインテーマの設定と、そのテーマからブレないということがとても重要なポイントです。

    イヤフォン

    2.あるある!と共感できる歌詞(HANABI/Mr.Children)

    音楽にとって「覚えやすいメロディー」が一つの柱だとしたら、もう一つの柱は「共感できる歌詞」です。

    私たちがいつも聞いている音楽は、そのほとんどが歌詞とセットになっています。

    歌詞を聞いて「この気持ち、すごいわかる!」と共感できる曲は、個人的な思いを重ねられるので、その人にとっての「オンリーワン」になります。

    例えばMr.Childrenの「HANABI」

    「いま自分たちが生きている世界に不満はあるものの、明日への希望を捨てていない」という一つの物語になっています。

    この曲を聞いて「ああ、同じこと思っている人は自分だけじゃないんだ」と共感している人も多いのではないでしょうか?

    これを記事作成という視点で見てみると、音楽における歌詞は「文体」に当たります。

    歌詞が一つの物語を作るように、記事作成にとって文体は、全体の骨組みを作るために欠かせないものです。

    テーマが良くても、文体が上から目線だったり、ものすごく難しい言葉ばかりを使って書かれていたりすると、人の心には届きにくいですよね。

    読み手にとってわかりやすく、共感を誘うような文体は、多くの人に読んでもらうためには外せないポイントです。

    音楽を聴く女性

    3.言葉にできない思いの代弁者(何度でも/DREAMS COME TRUE)

    「共感できる歌詞」と同じように見えますが、似ているようで少し違うのが3本目の柱である「代弁者」ということです。

    自分ではモヤモヤとして、うまく言葉にできない思いを、別の言葉で誰かがスッと代弁してくれると、すごくスッキリしますよね。

    「共感できる歌詞」が個人の思いで完結するものだとしたら、「代弁者」は多くの人の思いを代表して、1つの思いにまとめてくれるものです。

    例えばDREAMS COME TRUEの「何度でも」

    落ち込んでいる人や、やる気を失っている人に対して、力強い応援のメッセージを送っています。

    いろいろ苦しいこともあるけど、誰もが誰かの味方なんだと思えるこの曲は、落ち込んでいるときに力を与えてくれます。

    これを記事作成という視点で見てみると、「結論」部分に当たります。

    記事を書くときには、必ず結論が必要です。結論がない文章は、読み手から「読んだ時間がムダだった」と思われてしまいます。

    結論がしっかりしている文章は、読み手に対して親切で、モヤモヤをスッキリと解消してくれます。

    多くの人が疑問に思っていることや、悩んでいることをまとめて、その人たちの「代弁者」になること。簡単ではないですがとても大事なことです。

    記事作成の中で一番の肝である「結論」は、メインテーマや文体を組み合わせて作り上げた、一つの「物語」ではないでしょうか。

    writer(55)

    まとめ

    誰もが知っているような大ヒット曲には、覚えやすいメロディー、共感できる歌詞、言葉にできない思いの代弁者、という3つの要素がありました。

    一見するとライティングには関係なさそうに思えますが、大ヒットしたということは、それだけ人々の心を動かしたという証拠です。

    これらの要素を応用して、記事作成に役立てたいですね。

      スポンサード広告

      関連記事

      コメント

      1. この記事へのコメントはありません。

      1. この記事へのトラックバックはありません。

      ピックアップ記事

      1. 電車でぐるっとよくばり台湾

        2016-6-2

        ライター講座で、こんなこと聞かれます。 〜初出版までの道のりと、「書く」に関するエトセトラ〜 

        こんにちは、旅作家のとまこ と申します。以前に『ライターとしてこういう生き方もある』という記事を書か…
      2. 離婚してインド

        2016-2-4

        ライターとして、こういう生き方もある。

        旅作家・料理冒険家のとまこです。はじめまして。文章・写真・イラスト・料理を使って、Photo…
      3. 2015-7-24

        リアル断捨離成功者の盲点!? 山盛りのパソコンデータを断捨離する方法

        最近は断捨離ブームの影響で、モノを持たないシンプルな暮らしする人も増えています。しかしその反動もあっ…

      ピックアップ記事

      1. 電車でぐるっとよくばり台湾
        こんにちは、旅作家のとまこ と申します。以前に『ライターとしてこういう生き方もある』という記事を書か…
      2. 離婚してインド
        旅作家・料理冒険家のとまこです。はじめまして。文章・写真・イラスト・料理を使って、Photo…
      3. 最近は断捨離ブームの影響で、モノを持たないシンプルな暮らしする人も増えています。しかしその反動もあっ…

      話題をチェック!

      1. 電車でぐるっとよくばり台湾
        こんにちは、旅作家のとまこ と申します。以前に『ライターとしてこういう生き方もある』という記事を書か…
      2. 離婚してインド
        旅作家・料理冒険家のとまこです。はじめまして。文章・写真・イラスト・料理を使って、Photo…
      3. 最近は断捨離ブームの影響で、モノを持たないシンプルな暮らしする人も増えています。しかしその反動もあっ…
      4. 筆者が「ウェブライターになろう!」と決めたのは、今から3年ほど前のことです。それまでも、記事作成で報…
      5. WEB上のあらゆる記事を読んでいて、文章はそこにあるはずなのに、頭に全然入ってこない……なんてことな…
      ページ上部へ戻る