たまには真面目に……コラム記事『住宅ローンの甘い罠。陥りがちな3つのポイントとは』

たまには「サンプル記事サイト」らしく、コラム記事のサンプルでも書いてみようかと思います。今回は特にテーマが依頼されているわけではないので、私の好みのテーマで、1記事書かせていただきます! さてそのテーマとは……最近、私の頭を悩ませている「住宅ローン」についてです。

タイトル『住宅ローンの甘い罠。陥りがちな3つのポイントとは』
住宅は、一生で最も大きな買い物とも言われています。現金で一括購入ができれば、それが最もシンプルなのですが、その金額ゆえに「住宅ローン」の利用を検討する方も多いはずです。そんな住宅ローンでやりがちな失敗を、3つお伝えします。

「家賃と同じ返済額で良い」に潜む嘘

住宅メーカーは、住宅を販売するのが仕事です。消費者の購買意欲をそそるため、様々な戦法を考えてきます。超低金利時代と言われる今、見かける機会も多いのが「現在の家賃と同程度のローン返済額で、マイホームが購入できる!」というものです。家賃と言えば、払ったらそれで終わってしまうお金ですよね。一方で持ち家ならば、いずれ資産として手元に残るはず……。確かに消費者の心をくすぐるキャッチフレーズです。

しかしこのフレーズに騙されてはいけません。確かに、広告のシミュレーションでは家賃と同程度の返済額が記載されているかもしれません。しかし当初○年間のみ、安くなっている金利で計算しているケースがほとんど。また、住宅を購入すれば、固定資産税や修繕費についても考慮しなくてはいけません。記載されている金額が「家賃と同じ」なら、今よりも確実に支出が増えると考えられます。

「年収の7倍まで」に潜む罠

さて住宅ローンを借りるときに、多くの人が気にするのが、「自分はいったいいくらまで借りられるのか」という点です。一般的には「年収の7倍」が上限で、「年収の6倍」もしくは「5倍程度」に抑えるのが良いとされています。ただ、必ず頭に入れておきたいのは、住宅ローンは「借りられれば良い」というものではないということです。無理のない返済ができる範囲で検討しなければいけません。

「じゃあ、余裕を持って年収の5倍以内で」と思ったあなたも、ちょっと待って。年収は通常「税込」で計算されますが、実際に使えるのは「手取り金額」のみとなります。住宅ローンに追われたくない……という方は、ぜひ「手取り」で計算されることをオススメします。

「変動金利がお得」ってホント!?

住宅ローンを検討し始めたとき、決めなければならないのが「固定金利」を選ぶのか、それとも「変動金利」を選ぶのかという点です。変動金利には金利が変動するリスクはあるものの、低金利時代が続いている今、メリットの方が大きいと判断する方も増えています。月々の返済額が少ない上に、元本が減るスピードも速いとなれば……変動の方へと気持ちが傾く方も多いはずです。

しかし、過去10年間に金利が上昇しなかったというのは、あくまで結果論。今後10年間の予測を立てるのは、専門家でも困難です。銀行は「できるだけ多くのお金を貸す」ことがお仕事です。変動金利で毎月の支払額を抑え、よりたくさんのお金を借りる……。この方法には多くのリスクが潜んでいることを覚えておきましょう。

金額が大きく、借りる期間も長い住宅ローンだからこそ、正しい知識を身に付けることが必要です。住宅購入の際には、「住宅」だけでなく「ローン」という商品についても吟味することを、お忘れなく!

自分の興味あるテーマだと、文章もすいすい組み立てられます。こんなコラムが必要だ!と思ったら、ぜひお気軽にご依頼ください。

この記事を書いた人

川田 絵里子
川田 絵里子
主婦業の傍ら、ライターとして日々奮闘しています。クライアントの望みを叶える文章を書きたい……と願いながらも、まだまだ修行中です!こちらもご覧ください。

スポンサード広告

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 電車でぐるっとよくばり台湾

    2016-6-2

    ライター講座で、こんなこと聞かれます。 〜初出版までの道のりと、「書く」に関するエトセトラ〜 

    こんにちは、旅作家のとまこ と申します。以前に『ライターとしてこういう生き方もある』という記事を書か…
  2. 離婚してインド

    2016-2-4

    ライターとして、こういう生き方もある。

    旅作家・料理冒険家のとまこです。はじめまして。 文章・写真・イラスト・料理を使って、Photo…
  3. 2015-7-24

    リアル断捨離成功者の盲点!? 山盛りのパソコンデータを断捨離する方法

    最近は断捨離ブームの影響で、モノを持たないシンプルな暮らしする人も増えています。しかしその反動もあっ…

ピックアップ記事

  1. 電車でぐるっとよくばり台湾
    こんにちは、旅作家のとまこ と申します。以前に『ライターとしてこういう生き方もある』という記事を書か…
  2. 離婚してインド
    旅作家・料理冒険家のとまこです。はじめまして。 文章・写真・イラスト・料理を使って、Photo…
  3. 最近は断捨離ブームの影響で、モノを持たないシンプルな暮らしする人も増えています。しかしその反動もあっ…

話題をチェック!

  1. 電車でぐるっとよくばり台湾
    こんにちは、旅作家のとまこ と申します。以前に『ライターとしてこういう生き方もある』という記事を書か…
  2. 離婚してインド
    旅作家・料理冒険家のとまこです。はじめまして。 文章・写真・イラスト・料理を使って、Photo…
  3. 最近は断捨離ブームの影響で、モノを持たないシンプルな暮らしする人も増えています。しかしその反動もあっ…
  4. 筆者が「ウェブライターになろう!」と決めたのは、今から3年ほど前のことです。それまでも、記事作成で報…
  5. WEB上のあらゆる記事を読んでいて、文章はそこにあるはずなのに、頭に全然入ってこない……なんてことな…
ページ上部へ戻る