女性向けの広告記事は感性ゆたかに。「感情表現」を表に出していく

いろんな記事の中でもかなり肩の力を抜いて、ゆるゆる書けるのが「女性向けの記事」です。なんというか筆者は「論理的な男性思考」と「感性的な女性思考」を入れ替えしながら執筆するタイプなので、いつも記事を書く時は肩に力を入れる→抜く→力を入れる→抜くの繰り返しで非常に疲れてしまうのです。

ただ女性向けの記事だけは別! 普段力みがちな肩の力を抜いて、ゆるゆると感性の赴くままに記事を書いていくことができます。女性向けの記事は、非常にありがたい……記事のご依頼かもしれません。

「うふふ」と思うツボを大切に

女性向けの記事を書く時は「うふふ」と思うツボをとても大切にしています。

この商品の丸っこいラインがなんとも言えずカワイイ!
なんか、じっと見ていると「赤ちゃんのおでこ」みたい~
ちょっとこれ、レトロで逆に可愛くない!?

……なんていう、「うふふ」と思うツボを紹介する商品・サービス内に探していきます。

「これはありがたい!」「かなりお得!」と思うポイントを探す

筆者もそうですが、女性はコスパがいいものにかなり目がありません。それを証拠に通販会社の女性向け人気商品ランキングを見ていても、上位に食い込んでくる商品はコスパがいいものがかなり目立ちます。

そのため女性向け広告の記事を書く時には、「うふふ」なツボと同時に「かなりお得ですね」という費用のお得さ(コスト)、「これはありがたい!」という効果(パフォーマンス)を探して、ご紹介するようにしています。

「感情」を伝える

女性の言葉をよく聞いていると「カワイイ!」「最悪~」「超楽しい!」「かわいそ~」等々、「感情について語る言葉」が多いのに気づくと思います。女性はコミュニケーションする上で「感情」を表現し、それに共感し合うことで人との関係性を深めていくところがあるのです。

そのため女性読者向けに商品やサービスについて共感してもらうには、「感情」を伝えるようにしています。時には絵文字「\(^o^)/」や記号「♪」なども使うことがあります。より感情豊かな表現をすることで、女性の心とつながりやすくなり、商品やサービスにも親近感を持ってもらいやすくなります。

女性向けの記事は、女性にしかわからない押さえておくべきツボ・ポイントがたくさんあります。記事作成代行ドットコムは女性ライターが多いので、こんなツボ・ポイントを押さえられる記事が得意な会社かもしれません。ぜひ対象顧客に女性が多いなら、一度ご相談ください!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 電車でぐるっとよくばり台湾

    2016-6-2

    ライター講座で、こんなこと聞かれます。 〜初出版までの道のりと、「書く」に関するエトセトラ〜 

    こんにちは、旅作家のとまこ と申します。以前に『ライターとしてこういう生き方もある』という記事を書か…
  2. 離婚してインド

    2016-2-4

    ライターとして、こういう生き方もある。

    旅作家・料理冒険家のとまこです。はじめまして。 文章・写真・イラスト・料理を使って、Photo…
  3. 2015-7-24

    リアル断捨離成功者の盲点!? 山盛りのパソコンデータを断捨離する方法

    最近は断捨離ブームの影響で、モノを持たないシンプルな暮らしする人も増えています。しかしその反動もあっ…

ピックアップ記事

  1. 電車でぐるっとよくばり台湾
    こんにちは、旅作家のとまこ と申します。以前に『ライターとしてこういう生き方もある』という記事を書か…
  2. 離婚してインド
    旅作家・料理冒険家のとまこです。はじめまして。 文章・写真・イラスト・料理を使って、Photo…
  3. 最近は断捨離ブームの影響で、モノを持たないシンプルな暮らしする人も増えています。しかしその反動もあっ…

話題をチェック!

  1. 電車でぐるっとよくばり台湾
    こんにちは、旅作家のとまこ と申します。以前に『ライターとしてこういう生き方もある』という記事を書か…
  2. 離婚してインド
    旅作家・料理冒険家のとまこです。はじめまして。 文章・写真・イラスト・料理を使って、Photo…
  3. 最近は断捨離ブームの影響で、モノを持たないシンプルな暮らしする人も増えています。しかしその反動もあっ…
  4. 筆者が「ウェブライターになろう!」と決めたのは、今から3年ほど前のことです。それまでも、記事作成で報…
  5. WEB上のあらゆる記事を読んでいて、文章はそこにあるはずなのに、頭に全然入ってこない……なんてことな…
ページ上部へ戻る